日本人が少ないマルタ留学って?

マルタってどこ?と思う方も多いはず。地中海に浮かぶ小さな島国である「マルタ共和国」です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の三つの島からなる国家です。首都ヴァレッタがあるのがマルタ島です。こんなところで留学?興味を持った方はぜひ読み進めて、マルタ留学の魅力を知ってください。

マルタ留学の魅力

隠れ英語圏??

マルタの公用語はマルタ語と英語。英語で困ることはほぼないというくらいの英語圏よりの非英語圏と言えるかと思います。ですので、ここでは準英語圏とします。マルタで生まれ育ったマルタ人も、小さい頃から英語教育を受けているため、英語はネイティブと同じように話します。マルタ語が話せなくて困ることはないのでご安心を!

温暖な気候

地中海性気候で夏は暑いですが、冬は温暖です。ただし、冬は雨が多いとのこと。長期滞在するならあまり気になりませんが、冬の時期だけの短期留学となると冬の寒さはなかなかきついものです。寒さの苦手な方には良い気候と言えます。

気になる授業料は?

マルタの通貨はユーロです。下記の料金は€1.00=¥163で計算しております。(2024年4月のレート)

1ヶ月の予定で渡航すると、以下のような費用がかかります。

  • 渡航費 往復15〜25万円

    時期と乗り継ぎ回数など条件によって変わります。

  • 授業料 1ヶ月14万円〜

    1週間のレッスン数やコースによって料金が変わります。インテンシブコース、試験対策コースなどもあり。

  • 滞在費 1ヶ月18〜20万円

    ホームステイ、アパート滞在が選べます。自炊が可能であればおすすめはアパート。

長期的に留学するなら以下をご参考ください。

留学期間学費目安
1〜3週間    3.4万円〜(週あたり)
1ヶ月〜14万円〜
3ヶ月〜40万円〜

日本からのアクセス

残念ながら日本からの直行便はありませんが、一度の乗り継ぎで、ターキッシュエアラインズやルフトハンザ航空など様々な航空会社が利用できます。乗り継ぎの時間やアクセスの良さ、料金などでどの航空会社を利用するかを決めると良いでしょう。

治安はどうなの?

良い部類に入るでしょう。ただし、稀にスリなどもあるようですので、身の回りのものには十分気をつけて過ごしましょう。

日本人って多いの?

留学渡航先としてのマルタは数年前から人気が出てきています。とはいえ、日本人留学生で埋め尽くされることはないでしょう。ただし、2〜3月、日本の夏休み期間は日本人留学生が増えることがあります。また、レベルで分けられるクラスによっては日本人が固まってしまう傾向にあります。(初中級あたりは特に。)日本から英語力をしっかりつけていけば、割と多国籍な環境になる可能性が高いです。

大人留学にも最適!

首都ヴァレッタは少し落ち着いたヨーロッパの雰囲気で、歴史好きの方や大人留学を目指す方にも最適です。そしてマルタは猫がたくさんいることで有名ですので、猫好きさんにもおすすめ。もちろん若い世代の方でも、インスタ映えスポットがたくさんありますし、首都から少し離れたスリーマ、セントジュリアンズなどにいくと思いっきりナイトライフが楽しめるエリアがたくさん。

留学生からのお便り

Aさん

学校が楽しいです!授業内容はちょっと難しいですがでも全く分からないわけじゃないので、良い難易度です。

マルタ留学はオススメ!?

飛行機の乗り継ぎがあるけれど、そこまでハードルは高くない!と思えたらマルタ留学はおすすめ。ヨーロッパの留学生も多いマルタで楽しく留学生活を送れそうですね。

マルタ留学に興味を持ったら、迷わずお問合せください🎵

\ マルタ留学についてもっと知りたいなら /